お知らせ一覧

2022/5/6メディア掲載のお知らせ

健康産業流通新聞(4月21日付)の青汁特集に当社取り扱いの オリーブ葉の記事が掲載されました。

2022/5/6メディア掲載のお知らせ

フードスタイル4月号 腸活特集に当社取り扱いの TLJファイバー(ポリデキストロース)、グリーンキウイフルーツパウダー、ゴールドキウィフルーツパウダーの記事が掲載されました。

2022/3/31一般事業主行動計画について(「女性活躍推進法」「次世代法」一体型)

日成共益株式会社 一般事業主行動計画

当社では、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、「女性活躍推進法」という。)および次世代育成支援対策推進法(以下、「次世代法」という。)に基づき、当社の女性の活躍推進および次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境を整えることを目的として、社員がその能力を発揮し、仕事と家庭の調和を図り働きやすい雇用環境整備を行うため、次のように「一般事業主行動 計画(女性活躍推進法・次世代法一体型)」を策定いたしました。

1.計画期間
2022年4月1日 ~ 2025年3月31日までの3年間

2.当社の現状と課題
●全社員の平均残業時間は10時間以内であるが、一部に残業が多い部署・社員が発生してしまっている。
●全社員の有給消化率は60%であるが、より一層の有給取得率向上を図り、仕事と家庭の調和がとれるよう促進する。
●近年、女性総合職社員が増えてきたものの、女性管理職がいない。
●女性の育児休業取得率100%であるが、男性の育児休業取得実績がない。
3.内容
目標1:計画期間内に、全社員の所定外労働時間を、月あたり20時間未満とする。(女性活躍推進法・次世代法)

<対策>
2022年 6月~ 所定外労働の原因の分析等を開始(期間中は継続する)
2022年 8月~ 所定外労働が多い部署・社員に対するフォローアップを開始・個別の要因に対して課題解決策を行う

目標2:年次有給休暇の取得率を一人当たり年間平均70%以上とする。 (女性活躍推進法・次世代法)

<対策>
2022年 6月~ 社員の有給休暇取得状況の調査を実施する。
2022年 7月~ 調査結果をもとに社員の意見を聞きながら、計画的付与、有給休暇取得奨励日導入などを検討実施し、スムーズな有給休暇取得体制を確立する。

目標3:計画期間内に、女性管理職候補者を1名以上育成する。(女性活躍推進法)

<対策>
2022年 9月~ 女性社員とキャリア面談を実施し、管理職登用に対する意識調査を行う
2024年 9月~ 候補者に対して、キャリアステップのための準管理職研修を行う

目標4:計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。(次世代法)
男性社員・・・1件以上の取得
女性社員・・・取得率100%を継続

<対策>
2022年 4月~ 全社に育児休業の制度内容の社内周知を行う
2022年 9月~ 男性社員に対しても個別に対象者に周知を行う

4.女性の活躍に関する状況の情報公表
①「女性労働者に対する職業生活に関する機会の提供」についての情報公開
・採用した労働者に占める女性労働者の割合(2021年1月~2021年12月) 総合職28.6% 一般職100%
・労働者に占める女性労働者の割合 30%(2021年6月末時点)
・管理職に占める女性労働者の割合 0%(2021年6月時点)

②「職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備」についての情報公開
・男女の平均継続勤務年数の差異 男性12年7カ月 女性12年1カ月(2021年6月時点)
・男女別の育児休業取得率 男性0% 女性100%
・労働者の一月当たりの平均残業時間 5時間(2021年12月時点)
・有給休暇取得率 60%

以上

2022/3/15メディア掲載のお知らせ

2022年3月号 フードケミカルに、当社取り扱いの向春草(こうしゅんそう)の記事、広告が掲載されました。

2022/3/14メディア掲載のお知らせ

2022年3月 健康産業流通新聞に、当社取り扱いのタイリージェー社製のポリデキストロース、難消化デキストリンが掲載されました。

2022/2/22メディア掲載のお知らせ

2022年2月15日号のヘルスライフビジネスへ当社取り扱い商品のキウイフルーツパウダーが掲載されました。

2022/2/17メディア掲載のお知らせ

業界誌「食品と包装」に、当社記載の「健康寿命と乳たんぱく質摂取の関係性について」の記事が掲載されました。

2022/1/21メディア掲載のお知らせ

2022年1月17日の健康産業新聞に当社取り扱いのツルレイシの記事が掲載されましたので、お知らせします。

2022/1/20当社社員の新型コロナウイルス感染に関するお知らせ

当社 従業業員が、新型コロナウイルス感染症検査の結果、
陽性であることが判明いたしました。

現在、以下の対策を実施しています。
・当該従業員の行動履歴の確認および濃厚接触の可能性のある方の調査
・当該従業員と濃厚接触した可能性のある従業員に対する自宅待機指示、健康状態の経過確認(関係者すべて陰性を確認)
・オフィス内の消毒の徹底

本事象による事業活動への影響はありません。

関係者の皆さまにおかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

【新型コロナウイルス感染症対策に関する主な感染予防・拡大防止策】
<在宅勤務推進のための主な施策例>
・時差勤務等を通じた柔軟な勤務体制の促進
・在宅勤務における留意事項を整理し社員に周知
・各種業務の電子化推進(電子契約の導入、社内ワークフローシステムの活用促進等)
・社内システムにアクセスが可能なPC、スマートホンを社員に貸与
・ネットワークキャパシティーの増強

<出社時の主な留意事項>
・37度以上又は咳など風邪症状の者は自宅待機
・上長は当該従業員の状況(特段の配慮を要する事情の有無)をよく勘案する
・上長は、所属員に対し、勤務体制方針等、十分にコミュニケーションを取ること
・満員電車を避ける(時差勤務を柔軟に活用)
・在宅・出社人員がなるべく固定化しないように配慮

<オフィスにおける主な対策>
・オフィス内のマスク着用義務付け
・オフィス内換気の強化
・共用部、備品定期清掃・消毒頻度増
・会議室エリアへのアクリル板設置
・来訪者への入館時の検温(非接触型体温計、サーモグラフィ)

以上

2022/1/5年頭のご挨拶

2022年 年頭挨拶

 

皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は一方ならぬご支援ご鞭撻を賜り、厚く御礼申しあげます。

新年に際し、一言ご挨拶を申しあげます。

 

【はじめに】

昨年は新型コロナウイルスが終息に至らず、私たち企業も「ウィズコロナ」の経済活動を模索した1年でした。

目まぐるしい変化が続く中、無事に事業を継続でき、更には業績が回復傾向にあることは、

ひとえに皆様のご理解とご協力があってのことと考えております。心より感謝申し上げます。

 

【昨年の振り返り】

さて、昨年弊社では以下の4つの取り組みがございました。

 

まず1つ目は、第6次中期経営計画の開始です。

第6次中期経営計画では、コロナ禍で落ち込んだ業績の回復は勿論、弊社の新しい柱となる商売を育て、

高収益・高収入を実現することを目指しております。今後もこの経営計画に基づき、新しい価値を社会に

提供できるように尽力して参ります。

 

2つ目は、自社ブランドのプロジェクト拡大です。

昨年4月より、弊社オリジナルブランドの「‘Oli’ onoプロテインカレー」が首都圏のCVSで販売を

開始致しました。多数のメディアにも取り上げられ、徐々に成果を上げております。

昨年は次なる商品化やブランディング強化に向けてプロジェクトチームを拡大致しました。

今後も皆さまに弊社ならではの商品を提供できるよう、一層活動の幅を広げて参ります。

 

3つ目は、PR活動の体制強化です。

弊社および取扱商材の知名度向上を目指し、今期より広報宣伝体制を強化しております。

大変ありがたいことに、昨年は弊社食品部門をテレビ東京系列のビジネス情報番組に取り

上げていただきました。

今年もより多くのお客様に弊社を知っていただけるよう、広報活動に取り組んで参ります。

 

最後に4つ目は、新型コロナウイルス感染防止の取り組みです。

残念ながら昨年もコロナ禍は終息しませんでしたが、弊社ではテレワークなどの対策を継続し、

1人の感染者もなく1年を終えることができました。特に昨年は社内申請などの電子化も進み、

全社的な業務効率化も実現致しました。

 

【2022年の抱負】

さて、2022年の年明けに際し、弊社では次の4つの視点を持って取り組むことを本年の抱負と致しました。

 

①「探す」:次なる事業の柱を探す

新たに中核事業となる商売、すなわち「新しい柱」の確立は弊社の最重要課題の1つです。

コロナ禍にある現在も、弊社の業績は比較的安定して推移しておりますが、我々を取り巻く環境は

日々変化し続けており、今後必ず、今の柱に代わるものが必要になると思われます。

この課題に対処するため、食品部門では次の主力となる商材の発掘を継続して参ります。化学品部門は既に

新しい柱の創出に向けた取り組みを本格化しておりますので、今後はその芽を育て、実績に繋げられるよう

尽力致します。

今後も感染対策を徹底しつつ、攻めの姿勢で新しいフィールドを開拓して参る所存です。

 

②「組む」:外部と協力し、シナジーを生む

外部とのコラボレーションを積極的に行い、新しい業界にも果敢に挑戦して参ります。弊社の関連会社は

勿論、時には国内外の様々な企業、機関と連携し、M&Aも視野に入れつつ、既存ビジネスの強化と新しい柱の

創出を目指して参ります。

 

③「伸ばす」:販売数量を伸ばす

お蔭様で、弊社の業績は回復傾向にございます。しかしながら、この業績が為替相場や市況の一時的な好転に

よるものであれば、継続的な業績拡大は望めません。決して油断することなく、販売数量も着実に伸ばすことで、

持続的な成長を目指して参ります。

 

④「取り入れる」:SDGs(持続可能な開発目標) の観点を取り入れる

近年SDGsの取り組みが広まり、今やビジネスの世界も含めた社会共通の目標となっております。気候変動を

意識した植物由来の製品開発や、脱炭素の動きなど、あらゆる業界でSDGsを意識した技術革新が進んでおります。

我々もこの動きを見逃さず、営業活動や企業運営に一層SDGsの観点を取り入れ、これまで以上に皆さまのご期待に

沿えるよう、日々邁進して参ります。

 

【最後に】

お蔭さまで、今年弊社は90周年の節目を迎えます。

今後も「ものづくりを支える人々と共に新しい価値を社会に提供し、幸せを創造する」使命を果たすべく

邁進して参りますので、より一層の御指導を賜りますよう、社員一同心よりお願い申しあげます。

皆様の健康とご活躍を祈念し、新年の挨拶といたします。

 

                 2022年1月5日

                 日成共益株式会社

                 熊谷和男

2021/12/23年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

休業期間:2021年12月29日(水曜日)~2022年1月4日(火曜日)

初営業日:2022年1月5日(水曜日)

2021/10/1当社の新型コロナウイルス感染予防対策について
 当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、在宅勤務の導入・オフピーク通勤の導入・検温・消毒・マスク着用などの対策を実施しております。
 今後も社員やお取引先様・ステークホルダーの皆様の安全を最優先として感染拡大防止に努め、政府・自治体の方針に基づき対応を実施し事業継続を図ってまいります。
関係者の皆様にはご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解を賜りたくお願い申し上げます。
2021/5/28テレビ西日本様「ももち浜ストア」での当社プロテインカレーのご紹介について
2021年5月28日放送のテレビ西日本様の「ももち浜ストア」番組内で、当社「’oli’ono」プロテインカレーが紹介されました。
「アクアベース楽天市場店」様(←クリック)および「首都圏のナチュラルローソン(一部店舗)」様でお買い求めいただけます。
よろしくお願いいたします。
2020/11/19日成共益株式会社 コンプライアンス宣言および行動指針

日成共益株式会社 および グループ会社のすべての従業員は、職位職種に関わらず全員が誠心誠意この行動指針・関連法規・企業倫理・社会規範および社内規程を遵守しながら業務に取り組み、誠実な企業活動を行うことで 社会的責務を果たし 社会に貢献してまいります。

コンプライアンス 行動指針 は、当社 およびグループ会社 の業務を遂行する上で、 特に重要と思われる事項の行動指針を定めることで、 役員 および 従業員の考え方と 価値基準の統一を図ることで、コンプライアンスを徹底いたします 。

日成共益株式会社 コンプライアンス宣言・行動指針

2020/10/1新規取扱い商品 「瀬戸内オリーブ葉」のご紹介

当商品にご興味がある場合、下記問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

問い合わせ先:https://www.nissei-jp.co.jp/contact/

2020/10/1新規取扱い商品 「魚たんぱく加水分解物」のご紹介

当商品にご興味がある場合、下記問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

問い合わせ先:https://www.nissei-jp.co.jp/contact/

2020/10/1新規取扱い商品 「ウキクサ(植物)たんぱく」のご紹介

当商品にご興味がある場合、下記問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

問い合わせ先:https://www.nissei-jp.co.jp/contact/

 

2020/10/1新規取扱い商品 「アーモンドたんぱく質」のご紹介

当商品にご興味がある場合、下記問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

問い合わせ先:https://www.nissei-jp.co.jp/contact/

 

2019/12/27当社オリジナルブランド 「’oli’ono」 ブランドサイト開設のお知らせ

日成共益 オリジナルブランド「’oli’ono」のブランドサイトを開設いたしました。

ブランド名「’oli’ono」の由来やコンセプトの解説
「’oli’ono」ブランド 設立第1号商品「プロテインカレー」の特徴や商品情報など

幅広い情報が掲載されておりますので、是非ご覧ください。

「’oli’ono」ブランドサイト
https://oliono.jp

2019/10/1次世代育成支援対策推進法に関する行動計画

次世代育成支援対策推進法に関する行動計画

当社は、社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、 次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成31年4月1日~平成36年3月31日までの5年間

2.内容

目標1:年次有給休暇の取得率を一人当たり年間平均70%以上とする。

<対策>
●平成31年4月~ 社員の有給休暇取得状況の調査を実施する。
●平成31年5月~ 調査結果をもとに社員の意見を聞きながら、計画的付与、有給休暇取 得奨励日導入などを検討実施し、スムーズな有給休暇取得体制を確立する。

目標2:育児介護休業法や産前産後休業、育児・介護休業給付、育児休業期間中の社会保険 料の免除などの制度の周知や情報提供を行う。

<対策>
●平成31年4月~ 育児介護休業法の内容を出来るだけわかり易いように図式化し、 電子掲示板に載せて社員に周知させる。また、必要に応じて説明 会も開催し、逐次育児・介護制度に関する情報を社員に発信していく。

以上